知っておくべき水道工事の内容

知っておくべき水道工事の内容 設備として考えた時に、水道は必ず必要になってきます。ところが、自分で勝手に取り付けることはできません。宅内であれば、自分の希望に応じて変更することもできますが、水道を引くとなると、工事は自分の思うようにはできないことがあることも理解しておかなければいけないでしょう。素人では難しいだけではなく、いろいろな条件がかかわってくるからです。

■いろいろな施工方法がある

水道は日常生活を送る上で大切な設備です。水がない生活を想像できる人はほとんどいないはずです。想像はできても、実際に目の前で起きれば、これは大きな問題になってきます。ライフラインとして考えた時に、水がない状態は、生命にもかかわってくるでしょう。それだけ重要なものになってくるため、新築の時にも工事をしっかりとしていくことになります。
水道 工事といっても実は種類があります。簡単に理解できるところで言えば、屋内と屋外といったかたちになるでしょう。それぞれ内容が全く異なり、施工業者も違ったりします。さらに、排水設備や雨水設備に関するものもあり、区別して考えていかなければいけません。そういったことからも、それほど簡単なものではないことがうかがえます。
さらに資格が必要になってくることも重要なポイントです。ただ工事するだけでは必要ありませんが、責任者になるためには必要で、水道局が立ち会う工事の際にも必要になってきます。

■大規模になれば素人では無理
水道の補修をするという際にも、工事が大規模になる場合もあります。簡単に修理できると思っていたら、実は大掛かりにおこなわなければいけないケースです。排水がつまっているだけと考えていたら、簡単に取り除くことができずに、プロの手で大規模な工事に発展してしまうということはあります。一部交換するとしても、簡単にできないことも珍しいことではありません。
交換する場所の問題も考えておかなければいけないでしょう。壁に埋め込まれているような配管の場合、素人で修理するのは無理があります。壁を壊さなければいけないことも出てきますし、壊せば補修もしなければいけません。配管自体もかなり堅牢に作られているため、外すだけでも大変です。実際にこうした方法を取らなくても直す方法もあったりします。最新の工法を使うことでカバーできる場合が出てくるからです。

■切り分けをどこでするのか

自分でできることとの切り分けも考えていく必要があります。屋内の場合には、わざわざ専門業者に依頼しないでも、自分でできる場合があるからです。蛇口の修理などであれば、自分で部品を購入して対応ができることもあります。その際には重要なポイントを抑えておく必要がありますし、最低限の工具も必要です。知識もなければできませんが、部品代だけで修理ができるので、経済的なことを考えるとかなりお得です。
自分で行うというところのメリットは、異常が出てから対応するのではなく、ちょっとした異変でも、劣化した部品などを交換してしまうことによって、トラブルを未然防止できるという点があります。大掛かりなかたちにしないで済むため、費用はかなり抑えられます。時間的にも短時間で済むようになりますし、費用も最小限です。消耗品だけでも用意しておけば、少しずつ漏れてくるようなときでも、迅速に対処できるようになります。

■まとめ
水道に関わることは、大掛かりになる場合がよくあるのは間違いありません。特に新設するような場合には、どうしても素人では無理なので、工事を依頼することになります。配管は見えないことも多くありますし、見せないような方法をとる場合もあるでしょう。また配管は、どうしても時間とともに劣化するということは忘れてはいけないところです。定期的に検査もすることが重要になってくるのですから、こうした工事に関する知識を身につけることが必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース